コラム

column

初心者向け解説!生コンクリートの特徴とは

こんにちは!
愛知県名古屋市に拠点を置き、東海3県にかけて住宅基礎工事や土間工事などを手掛けている建築業者の株式会社ITOU・CPSです!
皆様は、生コンクリートについてご存じでしょうか。
生コンクリートがどういうものなのか、具体的に分からない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、就職や転職を検討されている初心者の方に向けて、生コンクリートの特徴をご紹介いたします。

生コンクリートの特徴

コンクリートと猫車
生コンクリートと呼ばれるのは、コンクリートがかたまる前の状態のものです。
そもそもコンクリートとはセメントをベースに、砂や砂利、水を混合させて入念に混ぜ合わせることでつくられる物質です。
生コンは時間経過に伴いかたまっていくため、ミキサー車などの特殊な車両で攪拌しつつ、現場まで運送しなければなりません。
そして、まだコンクリートとしてかたまっていない状態のまま工場から現場まで運び、型枠に流し込んだ後にかためることで自在な形に成形できるのです。
型枠を用いて用途に応じた形状に加工できることから、生コンクリートは多くの基礎工事の現場で活躍しています。

取り扱いの注意点

ミキサー車は、ドラムの回転によってコンクリートがかたまってしまうのを防いでくれますが、それでも時間が経過すればかたまっていくことは避けられません。
生コンクリートは外気温が25℃以上の場合で120分、25℃以下の場合は90分がかたまるまでのタイムリミットとされており、迅速に現場へ運ぶことが求められます。
施工も急いで行わなければならないため、基礎工事の仕事は時間の把握が重要だといえるでしょう。

【求人】新規スタッフを募集中!

履歴書とふたが空いたペン
ITOU・CPSは愛知県名古屋市を中心に、東海エリアで数多くの基礎工事を手掛けてまいりました。
業績の好調に伴い、住宅基礎工事スタッフ・コンクリートポンプ車オペレーターとして活躍してくださる人材の募集を行っています。
専門的な技術が求められる仕事であるものの、採用にあたって経験の有無は問いません。
未経験でもやる気のある方は大歓迎です。
幅広い年齢のスタッフが和気あいあいと活躍している職場ですので、18歳以上で普通自動車免許をお持ちの方は、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。